学習

【実践!】各症例で読み解く血液ガス分析 解釈の思考回路

血液ガス分析は、短時間で多くの情報を得ることができる救急外来において非常に有用な検査です。

それぞれの症例の解釈と思考回路、そしてどのように解釈して実臨床で介入するかにフォーカスしています。

スライドのコンパクトさについても、分かりやすさを重視しつつ、必要最低限の情報を盛り込むことを意識して作成しました。

症例に沿って血液ガスの読み方や解釈の思考回路を学ぶことで、実践に即した理解を深めましょう!◎

Antaaとは、医師・医学生向けのオンラインプラットフォームのことです。

日々の情報のアップデートと、日本各施設で活躍されている先生方の近況が知ることが出来て、私自身とても毎回刺激を受けております。

Antaaではこのようなスライド含め、様々なコンテンツがFacebookグループ・アプリで日々配信されていますので、以下のリンクより登録し視聴してみてください!(なんと無料です!)

⭐️Antaa医師医学生限定Facebookグループはこちらから

⭐️Antaaアプリダウンロードはこちらから👇
(iOS版)
(Android版)

 

※今回の記事は普段よりお世話になっている、

アンター株式会社COOの西山様含め、

Antaaにて執筆の許可をいただいている記事になります。

詳細はコチラをチェック👇

『Antaa』とは?【登録無料!医学生・医師向けオンラインプラットフォーム】医師は一生学び続けなければならない仕事と、世間一般的には言われています。 日々忙しく働く中、自分自身の専門家の知識は深まっていく一方で、 他科の情報や知識のアップデートは難しいなと感じている先生方も多いと思います。 また、研修医の先生方はまだまだ慣れない職場は、毎月のローテで仕事に慣れるのに精一杯の中、自己研鑽の時間を確保できないこともあると思います。 今回は、そんな悩みを解決する参考になればと思い、 日々僕自身もお世話になっている医師同士の情報共有プラットフォームである『Antaa』についてご紹介させていただきます。 その中でも、自分自身がAntaaの中で普段多用させていただいている 素晴らしいツールを3つ厳選して紹介したいと思います。 今回の記事は普段よりお世話になっている、アンター株式会社COOの西山様含め、Antaaにて執筆の許可をいただいている記事になります。...

以下、スライドの文章まとめです。URL等参考にしていただれば幸いです◎

【実践!】各症例で読み解く血液ガス分析 解釈の思考回路

  • 1.

  • 2.

  • 3.

  • 4.

    向井俊平 波多間浩輔 医師 (整形外科) 医師 (救急科) 楪雄太郎 医師 (総合診療科) 難波剛史 医師 (小児科・救急科)

  • 5.

  • 6.

    臨床で役立つスキルが学べる勉強会! ⽉に1回程度開催中︕全医療従事者対象! LINEオープンチャットでセミナー情報共有中!ぜひ登録を︕

  • 7.

    目標 酸塩基平衡とアニオンギャップを説明できる 血液ガス分析の型に沿って計算できる 血液ガス分析を解釈してみる。

  • 8.

    基本はコチラの スライドをおさらい◎

  • 9.

    例題1 突然の意識障害で搬送 80歳男性 意識障害 GCS-E1V1M3 血液ガス(動脈血)

  • 10.

    呼吸性アルカローシス 呼吸性アシドーシス 代謝性アルカローシス 代謝性アシドーシス AG開大性 AG非開大性 「力」がいくつあるか?を解き明かす作業 最大3つの要素が合併しうる 血液ガス計算編 5step

  • 11.

    Step1:“アシデミア” か “アルカレミア” Step2:ベースは、“呼吸性” or “代謝性” Step3:AG開大性代謝性アシドーシスはあるか ある場合 → Step4 へ ない場合 → Step5 へ Step4:AG開大ありの場合、補正HCO3-で他の代謝性変化をチェック Step5:現在の酸塩基平衡が代償範囲内にあるか  酸塩基平衡の組み合わせで,病態を想定する 計算編 解釈編 血液ガスStep解釈法

  • 12.

    pH 7.20(酸性) 7.60(塩基性) 7.35~7.45 アシデミア ● アルカレミア ● アシドーシス アルカローシス ①アシデミア or アルカレミア PH7.2以下でアシデミア

  • 13.

    ②ベースは、“代謝性” or “呼吸性” PaCO2 40 呼吸性アルカローシス 呼吸性アシドーシス HCO3- 24 代謝性アシドーシス 代謝性アルカローシス 呼吸性アシドーシス

  • 14.

    ③AG開大性代謝性アシドーシスがある?ない? Na+ Cl- UC HCO3- UA 陽イオン 陰イオン AG = Na – (Cl + HCO3-) Anion Gap AG=140-(104+25) ▶AG=11

  • 15.

    補正HCO3-=HCO3- + ⊿AG (⊿AG = AG – 12)   補正HCO3- > 24 → 代謝性アルカローシスあり   補正HCO3- < 24 → AG非開大代謝性アシドーシスあり ④他の代謝性の要素はある?ない? AG開大性代謝性アシドーシスがあれば →他の代謝性の要素がないかチェック! AG開大なしのためskip

  • 16.

    代謝性アシドーシス 予測PaCO2=1.5×HCO3+8 or HCO3+15 代謝性アルカローシス 予測PaCO2=0.6×HCO3+26 呼吸性アシドーシス 急性経過→予測HCO3=0.1×PaCO2+20  慢性経過→予測HCO3=0.4×PaCO2+8 呼吸性アルカローシス 急性経過→予測HCO3=0.2×PaCO2+16  慢性経過→予測HCO3=0.5×PaCO2+4 実測値が予測よりひどい? 予測PaCO2より,実際のPaCO2が 5以上高い→呼吸性アシドーシスあり 5以上低い→呼吸性アルカローシスあり 予測HCO3-より,実際のHCO3-が 2以上高い→代謝性アルカローシスあり 2以上低い  →AG非開大代謝性アシドーシスあり ⑤代償性変化は、正常範囲内か? 予測HCO3=0.1×PaCO2+20=27 ▶代償範囲内

  • 17.

    いざ解釈編へ!

  • 18.

    ①脳(中枢神経)が司令 ②脊髄→末梢神経と司令が下る ③筋が収縮 ④胸郭(筋骨格)に肺が被包→肺が陰圧に ⑤開通している気道を空気が通る ⑥肺(≒肺胞)が膨らみ,CO2を捨てる ⑦肺胞から毛細血管に,O2が取り込まれる 呼吸性アシドーシス 呼吸性アシドーシス 意識障害に伴う舌根沈下▶気道閉塞   脳幹障害▶呼吸中枢障害

  • 19.

    例題2 発熱・腰部痛で搬送 体動困難 80歳女性  辛そうに呼吸 ぐったりしている 血液ガス(動脈血)

  • 20.

    Step1:アシデミア Step2:呼吸性アシドーシス Step3:AG=20 ある場合 → Step4 へ ない場合 → Step5 へ Step4:補正HCO3=14+(20-12)=22 Step5:予測CO2=1.5×14+8=29 ▶代償できていない 計算編 解釈編 血液ガスStep解釈法に沿って… AG開大性代謝性アシドーシス▶?? 呼吸性アルカローシス(代償できていない)AG非開大性代謝性アシドーシス

  • 21.

    AG開大性代謝性アシドーシス 敗血症性ショック 呼吸性に代償しようとしている

  • 22.

    呼吸性アルカローシス = 分時換気量の増加 呼吸性アルカローシス+AG開大代謝性アシドーシス →敗血症,サリチル酸中毒を鑑別に! 呼吸性アルカローシス

  • 23.

    例題3 持続するめまいで搬送 60歳男性 めまい・嘔吐あり 血液ガス(動脈血)

  • 24.

    Step1:アルカレミア Step2:代謝性アルカローシス Step3:AG=10 ある場合 → Step4 へ ない場合 → Step5 へ Step4:skip Step5:予測CO2= 0.6*HCO3 + 26= 48.8 ▶代償範囲内 計算編 解釈編 血液ガスStep解釈法に沿って… 代謝性アルカローシス▶??

  • 25.

    代謝性アルカローシス

  • 26.

    例題4 DKA(糖尿病性ケトアシドーシス)治療中 80歳女性  生理食塩水投与、インスリン投与 翌日の血液ガス(動脈血)

  • 27.

    Step1:アシデミア Step2:代謝性アシドーシス Step3:AG=12 ある場合 → Step4 へ ない場合 → Step5 へ Step4:skip Step5:予測CO2= 1.5*HCO3 + 8= 32 ▶代償範囲内 計算編 解釈編 血液ガスStep解釈法に沿って… AG非開大性代謝性アシドーシス▶??

  • 28.

    AG非開大性代謝性アシドーシス

  • 29.

    Step1:“アシデミア” か “アルカレミア” Step2:ベースは、“呼吸性” or “代謝性” Step3:AG開大性代謝性アシドーシスはあるか ある場合 → Step4 へ ない場合 → Step5 へ Step4:AG開大ありの場合、補正HCO3-で他の代謝性変化をチェック Step5:現在の酸塩基平衡が代償範囲内にあるか  酸塩基平衡の組み合わせで,病態を想定する 計算編 解釈編 血液ガスStep解釈法のおさらい

  • 31.

    次回予告 2023年5月! 詳細はLINEオープンチャットで!

  • 32.

    臨床で役立つスキルが学べる勉強会! ⽉に1回程度開催中︕全医療従事者対象! LINEオープンチャットでセミナー情報共有中!ぜひ登録を︕

●血液ガス分析について書籍で学びたい方はコチラ👇

『竜馬先生の血液ガス白熱講義150分』【血液ガス分析の初学書といえばこの一冊!】血液ガス分析は大変有用な検査であるため、臨床でもよく施行される検査ではありますが解釈が難しいことも多々あります。 そんな血液ガス分析の基本をわかりやすく、しかも短時間で学ぶことが出来るのがこちらの一冊。 一度飲み会を我慢する程度の時間、価格で血液ガス分析の基本をマスターできてしまうので是非手に取ってみてください。...

 


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/woockeym/dancing-doctor.com/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/woockeym/dancing-doctor.com/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9