Antaa

【Antaa Slide】Primary Survey 気道(A)の異常【解剖・気道確保を中心に】

今回は、救急で最も大切な概念のひとつ、Primary Surveyの気道についてまとめました。

解剖学から中心に、主に働きはじめの初期研修医や看護師などの多職種向けの内容となっています!

スライドに登場するイラストは、イラストレーター角野ふち様と協力し作成した完全オリジナルです◎

臨床でも実際に診療にあたることも多い、

気道の異常を見抜き、適切な介入をするためにも理解を深めましょう👇

Antaaとは、医師・医学生向けのオンラインプラットフォームのことです。

日々の情報のアップデートと、日本各施設で活躍されている先生方の近況が知ることが出来て、私自身とても毎回刺激を受けております。

Antaaではこのようなスライド含め、様々なコンテンツがFacebookグループ・アプリで日々配信されていますので、以下のリンクより登録し視聴してみてください!(なんと無料です!)

⭐️Antaa医師医学生限定Facebookグループはこちらから

⭐️Antaaアプリダウンロードはこちらから👇
(iOS版)
(Android版)

 

※今回の記事は普段よりお世話になっている、

アンター株式会社COOの西山様含め、

Antaaにて執筆の許可をいただいている記事になります。

詳細はコチラをチェック👇

『Antaa』とは?【登録無料!医学生・医師向けオンラインプラットフォーム】医師は一生学び続けなければならない仕事と、世間一般的には言われています。 日々忙しく働く中、自分自身の専門家の知識は深まっていく一方で、 他科の情報や知識のアップデートは難しいなと感じている先生方も多いと思います。 また、研修医の先生方はまだまだ慣れない職場は、毎月のローテで仕事に慣れるのに精一杯の中、自己研鑽の時間を確保できないこともあると思います。 今回は、そんな悩みを解決する参考になればと思い、 日々僕自身もお世話になっている医師同士の情報共有プラットフォームである『Antaa』についてご紹介させていただきます。 その中でも、自分自身がAntaaの中で普段多用させていただいている 素晴らしいツールを3つ厳選して紹介したいと思います。 今回の記事は普段よりお世話になっている、アンター株式会社COOの西山様含め、Antaaにて執筆の許可をいただいている記事になります。...

【スマホ用】

【PC用】

以下、スライドの文章まとめです。URL等参考にしていただれば幸いです◎

1.
2. Primary Survey ABCDEアプローチ 酸素の需要供給バランスを保つ
3. Primary Survey ABCDEアプローチ 酸素の需要供給バランスを保つ
4. 目次 ①気道の基礎知識 ②気道の異常 ③気道の評価 ④気道確保
5. 目次 ①気道の基礎知識 ②気道の異常 ③気道の評価 ④気道確保
6. まずは解剖学…上気道 ●気道は空気の通り道 ●酸素の取り込みを意識 Primary Surveyの 最上流!
7. ●気道は空気の通り道 ●酸素の取り込みを意識 気道の異常は 上気道閉塞が最多! 上気道の解剖
8. 上気道の解剖 気道管理の肝!
9. 喉頭の解剖 ●喉頭蓋や声帯, 声門などの構造物によって構成 ●この視野は気管挿管の時に何度も登場 高さを意識!
10. 下気道の解剖 ●気管内腫瘍や甲状腺腫瘍などによる圧排で閉塞を生じる 誤嚥性肺炎に!
11. 下気道の解剖 ●気管内腫瘍や甲状腺腫瘍などによる圧排で閉塞を生じる 挿管チューブ 先端の目安
12. 目次 ①気道の基礎知識 ②気道の異常 ③気道の評価 ④気道確保
13. 気道の異常はエマージェンシー 数分で心停止することも…
14. ●解剖学的な異常をきたしている場合は、確実な気道確保  例)急性喉頭蓋炎 気道の異常
15. 気道の異常≠解剖学的異常 ●正常時 ●意識レベル低下
16. 気道の異常≠解剖学的異常 ●意識レベル低下(例:頭部外傷後)  ➡脱力して重力の影響を強く受けてしまう  ➡舌根や軟口蓋、喉頭蓋が咽頭後壁へと下がる ●用手的気道確保・エアウェイの挿入など
17. これは何のサイン…?
18. チョークサイン ●苦しそうに喉元に手を当てる仕草のこと(万国共通!) ●上気道閉塞(窒息)が起きている! 超緊急!! すぐに助けを呼ぶ!
19. 窒息の解除(成人ver.) ●ハイムリック法を試みる! 臓器損傷のリスクも… 自信がなければ背部殴打法
20. 窒息の解除(乳児ver.) ●力を少し弱める 背部殴打法を試す ●それでも解除されない場合は、胸骨圧迫を試みる
21. 目次 ①気道の基礎知識 ②気道の異常 ③気道の評価 ④気道確保
22. Primary Surveyの評価ポイント ●バイタルサインのみを当てにしない! ●見て・聞いて・感じて がキーワード! ●五感をフルに使って評価!
23. 気道の評価項目 【具体的な手順】 ①声掛け➡②聴診➡③視診
24. ①声掛け 発語があればOK 発声なし 曇り声は 緊急!!
25. ②聴診 ストライダー(吸気時喘鳴)がないか ➡あれば挿管が必要な可能性↑ 完全閉塞時 呼吸音は 聞こえない!
26. ③視診 よだれが出ている ➡急性喉頭蓋炎 などによる 喉頭浮腫!! ●吸気時にどのように呼吸筋を使っているかを確認 ●胸とお腹が交互に動くシーソー様の呼吸が特徴
27. 胸が上がっていれば気道はOK…? ●気道閉塞があっても肋骨は相対的に挙上して見える… 胸の上がりだけで評価してはならない!!
28. 目次 ①気道の基礎知識 ②気道の異常 ③気道の評価 ④気道確保
29. 気道確保≠気管挿管 低侵襲のものから
30. 用手的気道確保 ●Triple Airway Maneuvers(頭部後屈+下顎挙上+開口)
31. 経鼻エアウェイ ●意識があるときでも使用可能 ●頭蓋底骨折があれば禁忌
32. 経口エアウェイ ●経鼻よりも出血の合併症↓ ●嘔吐反射がでるほどの意識があれば禁忌(誤嚥のリスク)
33. Take home message ●気道はPrimary Surveyの最上流であり  真っ先に評価介入をしなければならない! ●気道の異常は数分で心停止に至る超緊急!   ●気道確保は低侵襲なものから順番に試す
34. 参考文献 内科救急診療指針2016 日本内科学会編 自発呼吸アセスメント指針2019 日本呼吸療法医学会 プロメテウス解剖学アトラス ぜんぶわかる人体解剖図
35. 医学の学び・医学書レビューを発信させていただいています 公式LINEアカウント(定期動画配信+限定情報!) https://line.me/R/ti/p/%40339dxpov ブログ(勉強ノート・医学書レビュー) https://dancing-doctor.com/

 

●気道緊急を始めとした、救急外来での初期対応についてより深く学びたい方はコチラ👇

【レビュー】『救急外来ここだけの話』【これぞ実践書!専門家の治療を追体験!】医療には根拠となる文献やガイドラインはあるものの、目の前で苦しんでいる患者さんにそれが当てはめられるとは限らないものです。 私自身も、上級医の先生方と救急外来で日々診療に当たる中で相談しても解決しない、もやもやとした悩みを多く抱えていました。 この悩みを解消しようとして様々な本を読み漁っていたところ、この一冊に出会いました。 本書を読むことで今後、これまで悩んでいた救急外来対応の根拠を知り、目の前の患者さんに適した思考回路を身につけることができます! 今回、救急外来対応に慣れてきた方々こそ読むべき一冊として自分が自信をもっておすすめするのがこちらです。...