医学ノート

入院患者さんの発熱の原因検索について【7D/fever workup】


【疑問】

プロフィール
【医学ノート】をご覧いただく際の注意事項いつも当サイトをご覧いただき本当にありがとうございます。 当サイトの医学ノートの記事をご覧いただく際の注意事項についてです。 ...

今回は、臨床や医学の勉強をしていて感じる疑問の一つ、

入院中の患者さんの発熱の原因検索と対応は?

についてまとめました。

臨床の現場であまりにもポピュラーな症候である、発熱…

まずは感染を疑って対応することは大切ですが、

それ以外の原因についても配慮することも重要です。

1.まずは頻度の高い原因、特に感染症をチェック

入院患者さんの発熱の原因は7Dで鑑別

入院中の発熱(7D)
Drug(薬剤熱)
CD(CD腸炎)
Device(ルート・ドレーンなど)
DVT(下肢静脈血栓)
Decubitus(褥瘡)
CPPD(偽痛風)
Debris(胆泥)

●感染性を疑って、fever workupを考慮!

 

まず、発熱を見た際にはバイタルをチェックして、ショックの可能性を判断を判断します。

quick SOFAスコアで敗血症の可能性を考慮することが大切です。

敗血症・敗血症性ショックとは?【定義をガイドラインに沿って簡単に説明】今回は、臨床や医学の勉強をしていて感じる疑問の一つ、 敗血症・敗血症性ショックとはいったい何なのか? についてまとめました。敗血症及び敗血症性ショックについて、ガイドラインに沿って定義について解説したいと思います。...

 

感染症が疑われる場合には上記のようなfever workupを行いましょう。

感染の可能性を探りながら、入院中に多い発熱の原因としては上記の7Dを念頭に、感染源を探しましょう。頭の先からつま先まで丁寧に診察していきます。

また、患者背景として内服薬もチェックし、免疫を低下させる薬(ステロイド,免疫抑制薬)は飲んでいないかをかくにんすることも大切です。

薬剤熱をきたしやすい内服薬を飲んでいる場合には、薬剤熱も鑑別に浮上してきますね👇

薬剤熱を起こしやすい薬とは?【抗菌薬・ロキソニン・カロナールに注目】薬剤熱を起こしやすい薬とは?という疑問についてまとめました。 発熱の鑑別として常に考えておかないといけないにもかかわらず、意外と忘れがちな薬剤熱。 薬剤熱の可能性を考えた時、どのような薬剤を中止することを検討すればよいのでしょうか…?...

 

 

2.感染症以外の原因は?

発熱の原因が感染症によるものか?非感染症によるものか?という視点は常に大切で、以下のような非感染性刺激による発熱の可能性も考えます。

また、発熱は治療介入を検討すべき症候でもあるので、解熱の必要性についても合わせて判断しなければなりません👇

【疑問】入院患者さんが発熱した際にいつ解熱を考慮するか?臨床や医学の勉強をしていて感じる疑問の一つ、入院患者さんが発熱した際にいつ解熱を考慮するかについてまとめました。 38.5度以上でクーリング、カロナールなどとルーチンで解熱指示を入れることも少なくないのではないでしょうか?発熱に対する解熱の妥当性についてまとめてみました。...

●非感染性刺激による発熱の可能性も考える

なかでも忘れてはならないのは、薬剤熱です。ICU入室中などの集中治療領域の発熱の約 30%は薬のアレルギーだといわれています。

抗菌薬を投与している患者に発熱があった場合、抗菌薬を変更すると熱が下がることがあります。

感染を疑って抗菌薬治療を行っている際に、熱源精査及び細菌培養の結果および画像所見に問題がなければ、

変更した抗菌薬が効いたと考えるのが一般的ですが、

実際には最初に投与していた抗菌薬の薬剤熱だった可能性もあるので注意が必要です。

薬剤熱を疑うべき特徴は?【熱型・皮疹・比較的三原則に注目】薬剤熱を疑うべき特徴は?という疑問についてまとめました。発熱の鑑別として常に考えておかないといけないにもかかわらず、意外と忘れがちな薬剤熱。 発熱の鑑別に有名な、熱型や比較的三原則、皮疹についてと、実際にはどれほどの相関があるのでしょうか?...

 

3.引用文献

内科レジデントの鉄則

【レビュー】『内科レジデントの鉄則』【研修医は必ず購入すべき参考書です】内科分野の初学者である初期研修医1年目に最もおすすめしたい参考書は、『内科レジデントの鉄則』です。この一冊で研修中に必要な内科救急や入院管理の重要知識をわかりやすく効率的に学ぶことが出来ます。学んだ知識をノートのように書き込むことでさらに記憶に定着しやすくなるので是非購入し学習に役立ててください。...
この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

 

今後も定期的に記事を更新していきますので
LINE登録Twitterのフォローnoteの登録よろしくお願いいたします!

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!