Antaa

【Antaa Slide】鉄欠乏性貧血のまとめ


今回は、臨床や医学の勉強をしていて感じる疑問の一つ、

鉄欠乏貧血の原因と、スポーツ選手の関係性は?

といった疑問についてAntaaスライドにまとめました。

臨床でも実際に診療にあたることも多い、

鉄欠乏貧血の治療および生活指導のためにも理解を深めましょう👇

Antaaとは、医師・医学生向けのオンラインプラットフォームのことです。

日々の情報のアップデートと、日本各施設で活躍されている先生方の近況が知ることが出来て、私自身とても毎回刺激を受けております。

Antaaではこのようなスライド含め、様々なコンテンツがFacebookグループ・アプリで日々配信されていますので、以下のリンクより登録し視聴してみてください!(なんと無料です!)

⭐️Antaa医師医学生限定Facebookグループはこちらから

⭐️Antaaアプリダウンロードはこちらから👇
(iOS版)
(Android版)

 

※今回の記事は普段よりお世話になっている、

アンター株式会社COOの西山様含め、

Antaaにて執筆の許可をいただいている記事になります。

詳細はコチラをチェック👇

【登録無料】医師・医学生向けオンラインプラットフォーム『Antaa』とは?【オススメの3つのコンテンツをご紹介】医師は一生学び続けなければならない仕事と、世間一般的には言われています。 日々忙しく働く中、自分自身の専門家の知識は深まっていく一方で、 他科の情報や知識のアップデートは難しいなと感じている先生方も多いと思います。 また、研修医の先生方はまだまだ慣れない職場は、毎月のローテで仕事に慣れるのに精一杯の中、自己研鑽の時間を確保できないこともあると思います。 今回は、そんな悩みを解決する参考になればと思い、 日々僕自身もお世話になっている医師同士の情報共有プラットフォームである『Antaa』についてご紹介させていただきます。 その中でも、自分自身がAntaaの中で普段多用させていただいている 素晴らしいツールを3つ厳選して紹介したいと思います。 今回の記事は普段よりお世話になっている、アンター株式会社COOの西山様含め、Antaaにて執筆の許可をいただいている記事になります。...

 

 

以下、スライドの文章まとめです。URL等参考にしていただれば幸いです◎

1.

2. 鉄欠乏性貧血 ●骨髄内でのヘモグロビン(Hb)合成のためには、  材料として大量の鉄が必要 ●Hb合成の材料の鉄が減少すると、生成される  赤血球も併せて減少 ●生成される赤血球もHb含有量の少ない  小型で菲薄なものとなり酸素運搬能も低下 アスリート・女性に多い疾患 引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』

3. アスリートに貧血が多い理由 ①筋肉で鉄が消費される ・Hbよりミオグロビンの方が鉄を必要 ②運動の負荷による溶血 ・足底への振動による溶血(マラソン、サッカー) ③体内臓器からの出血(腸管や膀胱など) ・溶血に伴うHbの尿への排泄 ・膀胱の振動による血尿も!(Stewart JG, et al. Ann Intern Med 1984;100:843-845) ④汗から鉄が喪失する ・アスリートが1日にかく汗の量は一般人の数倍 引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』

4. 女性に貧血が多い理由 ①月経周期がある ・平均約60ml/月の出血があり、約30mg/月の鉄を喪失 ②男性ホルモン(テストステロン)が少ない ・男女で20倍もの差がある テストステロン高値⇒Hb上昇 デュティ・チャンド(インド) 2013年にテストステロン高値のため女子選手として国際大会に出場することを禁じられる キャスター・セメンヤ(南アフリカ) 2009年ベルリン世界陸上800m走で優勝するも、テストステロン高値のため試合後に性別検査を要求される 引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』

5. 鉄欠乏性貧血の治療 ●鉄剤投与が第一選択 ・フェリチンで評価 100-200mg/dayが推奨 ・過剰投与の副作用 (肝・心疾患、糖尿病、関節炎の懸念も) ●食事療法・サプリメントも有用 ・鉄を補助的に補う サプリメント1錠10mg程度 ・サプリメント過剰投与の副作用 (胃腸障害・ドーピング) 鉄剤  食事・サプリメント  引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』

6. 鉄欠乏性貧血まとめ ●女性アスリートに多い疾患である ●治療は鉄剤の内服に加え、食事やサプリメント  を用いて経過を見ながら調節する ●普段より疲れやすいと感じたら、貧血の可能性  を考える(隠れ貧血は思ったより多い)