医学書レビュー

【レビュー】『あなたも名医! もっと使いこなす! 救急頻用薬【現場のリアルな選択とさじ加減】』

Afの患者さんにジルチアゼムなどのカルシウム拮抗薬を使いたいけど、どれくらいの投与量をどれくらいの時間をかけて投与すればいいのだろうか…

気管切開前にヘパリンNaの持続投与を中断したいけど、半減期や効果持続時間を考えると、どれくらいで中止しておくのが妥当なのだろうか…

ERやICUで使用する薬剤は非常に多岐にわたります。

それら薬剤の中には、直接治療予後に関わる強力かつ即効性の高いものが多い一方で、適切な容量調整をしなければ治療効果が得られないばかりか、重篤な合併症を引き起こす可能性もあります。

急性期治療の第一線とも言えるERとICUであるからこそ、薬剤投与量を“正確に、そして迅速に”判断しなければいけません。

今回は、そんな救急領域で頻用される薬剤の具体的な組成や投与量が網羅されている書籍を紹介します。

本書を読むことで、今後は自信をもって頻用薬を用いることができるようになるでしょう。

ERやICUで自信をもって薬剤を使うために読むべき一冊として、自分が自信をもっておすすめするのがこちらです👇

これからご覧いただく医学書レビューは、

これまで研修医時代に100冊以上の医学書を読み

その中でもオススメの医学書のレビューを月5冊以上書いている

ある救急科専攻医のレビューです。

医学生や研修医、各分野の初学者の気持ちが痛いほどわかるので、

是非この一冊を手に取ってみたいと思っていただけるようなレビューを心がけています!

1.本書のターゲット層と読了時間

【ターゲット層】

ERやICUで自信をもって薬剤を使いたい研修医・専攻医

日常的に用いている薬剤の使用感覚が果たして正しいのか体系的に学びたい専攻医

【推定読了期間】

4-5時間程度

2.本書の特徴

本書は、清水 敬樹先生が執筆された、

【本書の特徴】

  • 薬剤投与量の「匙加減」に焦点を当てた解説
  • 使用用途別に合計80種類の薬剤を解説

が特徴の一冊です。

本書を読むことで学べる項目は特徴的なものをピックアップすると、このようになります👇

【本書で学べること】

  • 薬剤の基本的プロフィール
  • 薬剤の典型的使用シーンにおける考え方
  • 薬剤投与技術のワンランクアップのためのさじ加減

https://www.jmedj.co.jp/book/jmedmook/detail.php?id=2029  より

これらはER・ICUに関わる先生方の、知識の整理や学び直し非常に役に立つ事項であると思います。

3.個人的総評

【評価】

必要性:

本の薄さ:

わかりやすさ:

面白さ:

継続使用度:

オススメ度:

※Amazon評価:

 

本書の特徴はなんと言っても、薬剤の投与量の“匙加減”にフォーカスしていることです。

合計80点の薬剤について、

  • 作用機序や半減期、使用容量の解説

という基本の情報に加えて、

  • 典型的な薬剤を用いるシチュエーションに応じて、薬剤を使用する根拠や投与量調整について

解説されています。

私個人の感覚ですが、頻用薬というだけあって8-9割方の薬剤は処方経験があるものでした。

本書は投与量の匙加減”に特にフォーカスしているため、カテコラミンや鎮静薬など普段何気なく選択することも多い薬剤の“妥当な使用感覚”を再確認することができました。

また、本書に登場する「使用時に気を付けるべきポイント」は、明日からの診療に生かせる実践的なものばかりでした。

救急専攻医である私ですが、注意すべき副作用が意外と多いことに驚き、いい勉強になったと思います。

例えば、「アンチトロンビンやリコモジュリン、ハプトグロビンなどの適応に迷うことがある薬剤」についても、適応の判断方法から丁寧に解説されています。

その他、自分自身の処方経験がなく他の科の先生方が処方されている薬剤についても、作用機序や使用上の注意点を読むことで非常に勉強になりました。

特に、普段自分自身が処方する機会が少ない、抗不整脈薬や抗てんかん薬については、他科の先生方の思考回路を学ぶことによりコンサルト前後の意思疎通がしやすくなった、というメリットを感じました。

一方で本書において注意すべきだと感じた点としては、

「症例がどの薬剤の適応であるか、を気づくことができる前提での解説となっているので、いつ必要な薬剤なのかを判断する知識を持っている必要がある」ということです。

例えば、「体液バランス過剰と判断した場合にフロセミドを投与するとしても、体液過剰を評価するエコーや病歴、身体所見を知っておかなければならない」といったところです。

そのため、「この症例にはこの薬剤」という判断方法については他の書籍で学ぶことをおすすめします。

もう一点、各薬剤の具体的な治療効果判定といった評価方法についても、他の書籍で学ぶ必要があると感じました。

これらに関しても、もちろん概念的な解説はありますが、「臨床ですぐに使うためにはより一歩踏み込んだ解説が欲しい」といった印象もありました。

以上、これらの点については少しだけ配慮した上で一度手にとっていただければと思います。

これらは本書の個人的な評価であり、しかも何様だよと言われてしまうことは重々承知ではありますが、自分は

本書は“薬剤投与量の匙加減や使用感覚を学ぶために最適な一冊である!”と感じました。

4.おすすめの使い方・読み進め方

【本書のおすすめの読み方・活用方法】

  • どんな薬剤が本書に掲載されているのか、ざっくりと通読
  • 薬剤を使用する機会がある度に参照して確認
  • その後は経験した症例の前後で読み直して復習!

個人的におすすめの使い方をご紹介します。

著者個人の意見としては、ざっと読むだけなら3-4時間程度あれば十分なので、まずはどんな薬剤が本書に掲載されているのか、ざっくりと通読することをおすすめします。

高度な知識を集めており一度読んだだけでは理解しにくいことばかりですから、その後は本書で登場した薬剤を使用する機会がある度に参照して確認しましょう。

(ちょっとした参照に便利な電子版も存在しています!)

特に、使用上の注意点は自分を守るためにも、再確認しなければならないことが多いと感じました

そのあとは実際の症例を通じてインプットとアウトプットをたくさん経験していきましょう。

5.まとめ

【本書のまとめ】

本書は薬剤投与量についてを学びたいER・ICU勤務の医師にとって必須の参考書の一つである! 

まとめると、本書は薬剤投与量の匙加減について、わかりやすく学ぶことができる本当におすすめの一冊です。

この一冊を通じて学ぶことで、今後は自信をもって頻用薬を用いることができるようになるでしょう。

今後の学びや業務をより良いものにしたい方には是非手にとっていただきたい一冊です◎

以下に要点や基本事項をまとめましたので、

購入する際には是非参考にしていただければ幸いです👇

【基本情報】

タイトル:もっと使いこなす!救急頻用薬 あなたも名医! 現場のリアルな選択とさじ加減

著者:清水 敬樹

出版社:日本医事新報社

発行年月日:2021/02/25

【ターゲット層】

ERやICUで自信をもって薬剤を使いたい研修医・専攻医

日常的に用いている薬剤の使用感覚が果たして正しいのか体系的に学びたい専攻医

【推定読了期間】

4−5時間程度

【本書の特徴】

  • 薬剤投与量の「匙加減」に焦点を当てた解説
  • 使用用途別に合計80種類の薬剤を解説

【本書で学べること】

  • 薬剤の基本的プロフィール
  • 薬剤の典型的使用シーンにおける考え方
  • 薬剤投与技術のワンランクアップのためのさじ加減

【評価】

必要性:

本の薄さ:

わかりやすさ:

面白さ:

継続使用度:

オススメ度:

※Amazon評価:

【本書のおすすめの読み方・活用方法】

  • どんな薬剤が本書に掲載されているのか、ざっくりと通読
  • 薬剤を使用する機会がある度に参照して確認
  • その後は経験した症例の前後で読み直して復習!

【本書のまとめ】

本書は薬剤投与量の匙加減を学びたいER・ICU勤務の医師にとって必読の参考書の一つである! 

 

この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

今後も定期的に記事を更新していきますので

各種SNSの登録よろしくお願いいたします!

【公式ラインアカウント】

各種SNSでのコンテンツ配信を定期的に配信!

この中でしか見られない限定動画配信もしています◎

日々のスキマ時間に気軽に見ることができるので、興味があれば是非登録していただければ幸いです!

コチラのボタンをタップ!👇

友だち追加

 

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!