医学書レビュー

Primary-care Trauma Life Support(PTLS)ー元気になる外傷ケア 【外傷初期診療の入門はこの一冊】

外傷の患者さんが搬送されてきたけど、まず何から評価しよう…?

診察しながら、まずしないといけない検査ってなんだっけ…?

これらは私自身が初期研修医として外傷初期診療をしている際に悩み、困っていたことです。

現在専攻医として研修医の先生と勤務に入ることが多いのですが、

後輩たちが昔の自分と同じ悩みを抱えていることが多いのを見ると、やはりみんな悩んでいるポイントは同じなのだなと感じます。

外傷初期診療についての入門書として、研修医時代に上級医から進められたのがこの一冊です。

本書を読むことで

今後救急外来で外傷の患者さんが搬送されてきたとしても自信を持って対応することができます!

外傷についての参考書のうち、まず読むべき一冊として自分が自信をもっておすすめするのがこちらです👇

 

これからご覧いただく医学書レビューは、

これまで研修医時代に100冊以上の医学書を読み

その中でもオススメの医学書のレビューを月5冊以上書いている

ある救急科専攻医のレビューです。

医学生や研修医、各分野の初学者の気持ちが痛いほどわかるので、

是非この一冊を手に取ってみたいと思っていただけるようなレビューを心がけています!

 

 

 

1.本書のターゲット層と読了時間

 

【ターゲット層】

初期研修医・外傷初期診療に不慣れな専攻医・救急隊・看護師

【推定読了期間】

6-7時間程度

です。

2.本書の特徴

本書は、箕輪良行 (編集), 今明秀 (編集), 林寛之 (編集), 中野朋彦 (イラスト), 公益社団法人地域医療振興協会 (監修)という豪華な先生方で執筆された、

【本書の特徴】

●外傷の標準的初期治療のABCDEを理解し,外傷患者を素早く,見逃しなく診られるようになることを目標に作成

●全ページカラーでイラストと写真,表を多用し,ポイントが一目で視覚的に理解できるように工夫

●外傷初期診療のmnemonicsを記載したルミネートカード付き

以下HPを一部引用し作成)
Primary-care Trauma Life Supportー元気になる外傷ケア | 箕輪良行, 今明秀, 林寛之, 中野朋彦, 公益社団法人地域医療振興協会 |本 | 通販 | Amazon

Primary-care Trauma Life Support 元気になる外傷ケア | 医学書専門店メテオMBC【送料無料】 (molcom.jp)

が特徴の一冊です。

本書を読むことで学べる項目は特徴的なものをピックアップすると、このようになります👇

【本書で学べること(例)】

●外傷初期診療のPrimary Survey(初期評価)

●全身の外傷検索によるSecondary Survey

●外傷初期診療で必要な処置(気管挿管・胸腔ドレーン)や検査(F-FAST)など

これらは研修医の先生方にとっては今後どのような診療科に進んでも学んでおくべき大切な事項であると思います。

3.個人的総評

【評価】
必要性:
本の薄さ:
わかりやすさ:
面白さ:
継続使用度:
オススメ度:
※Amazon評価:

本書の特徴はなんと言っても、手に取りやすいページ数と圧倒的なわかりやすさです!

外傷初期診療に苦手意識のある医療従事者にとっては最適の一冊であると言えます。

本のページ数も多すぎる事なく完結にまとまっているので、苦痛を感じることなく通読することができます◎

理解すればいいところと、本当に覚えなければならないことをしっかりと分けて記載してくださっているので読者側としては重み付けをしながら読み進めることが出来ました。

また、暗記すべき重要事項についてはラミネートされている付録を参考にすることで、臨床現場でチェックリストのように使用することができます。

僕自身のオススメ度が高いのは総評を見ていただければわかるとは思いますが、

何よりアマゾンの評価の高さが本書の素晴らしさを物語っていますよね…!

一方で、あくまで個人的な印象ではありますが気になった点としては、各種外傷の診断後の治療や管理についての知識についてはやや不十分に感じました。

やはり外傷初期診療においてはJATECというガイドラインであり王道の医学書が存在するので、本書を導入として使用した後に、しっかりと学びたい場合はJATECを購入することを強く推奨します!

これらは本書の個人的な評価であり、しかも何様だよと言われてしまうことは重々承知ではありますが、自分は

本書は外傷初期診療の初心者は全員一度は手に取るべき一冊である!

と感じました。

 

外傷初期診療のスタンダードについて学びたい方はこちらの一冊もオススメです👇

 

4.おすすめの使い方・読み進め方

【本書のおすすめの読み方・活用方法】

●目次を参考にさらっと通読して、どこに何が書いてあるかざっくり把握し通読

●付録のラミネートを駆使して日々の臨床で毎日復習!

個人的におすすめの使い方をご紹介します!

ページ数も少なく通読する場合もそこまで時間を要さないので、まずは一度全体を把握する意味で通読することを推奨します!

その後は付録のラミネートを使用しながら日々の臨床で復習を定期的に行い、

本については経験した症例の前後で読み直して復習すると知識が整理できると思います。

実際の症例を通じてインプットとアウトプットをたくさん経験していきましょう。

5.まとめ

【本書のまとめ】

外傷初期診療の入門書として最適の一冊である!  

本書は外傷初期診療の初心者は全員一度は手に取るべき一冊である!

まとめると、本書は外傷初期診療について、わかりやすく学ぶことができる初学者には本当におすすめの一冊です。

この一冊を通じて学ぶことで、

今後外傷初期診療をする際のストレスは激減します!

今後の学びや業務をより良いものにしたい方には是非手にとっていただきたい一冊です◎

以下に要点や基本事項をまとめましたので、

購入する際には是非参考にしていただければ幸いです👇

【基本情報】
タイトル:Primary-care Trauma Life Supportー元気になる外傷ケア 

著者:箕輪良行 (編集), 今明秀 (編集), 林寛之 (編集), 中野朋彦 (イラスト), 公益社団法人地域医療振興協会 (監修)

出版社:シービーアール

発行年月日:2012/5/15

【ターゲット層】

初期研修医・外傷初期診療に不慣れな専攻医・救急隊・看護師

【推定読了期間】

6-7時間程度

【本書の特徴】

●外傷の標準的初期治療のABCDEを理解し,外傷患者を素早く,見逃しなく診られるようになることを目標に作成

●全ページカラーでイラストと写真,表を多用し,ポイントが一目で視覚的に理解できるように工夫

●外傷初期診療のmnemonicsを記載したルミネートカード付き

【本書で学べること(例)】

●外傷初期診療のPrimary Survey(初期評価)

●全身の外傷検索によるSecondary Survey

●外傷初期診療で必要な処置(気管挿管・胸腔ドレーン)や検査(F-FAST)など

【評価】
必要性:
本の薄さ:
わかりやすさ:
面白さ:
継続使用度:
オススメ度:
※Amazon評価:

【本書のおすすめの読み方・活用方法】

●目次を参考にさらっと通読して、どこに何が書いてあるかざっくり把握し通読

●付録のラミネートを駆使して日々の臨床で毎日復習!

【本書のまとめ】

外傷初期診療の入門書として最適の一冊である!  

本書は外傷初期診療の初心者は全員一度は手に取るべき一冊である!

この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

今後も定期的に記事を更新していきますので

各種SNSの登録よろしくお願いいたします!

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!