医学ノート

【疾患】高K血症のまとめ【適宜更新中】

高K血症のまとめ ERでよく出会う超緊急の疾患です

プロフィール
【医学ノート】をご覧いただく際の注意事項いつも当サイトをご覧いただき本当にありがとうございます。 当サイトの医学ノートの記事をご覧いただく際の注意事項についてです。 ...

今回は救急外来でよく出会う緊急性の高い疾患の一つ、高K血症についてまとめました。

高Kを疑った瞬間から原因検索、重症度評価、治療介入を一斉に始めなければなりません。

時に具体的な治療のオーダーについてはいざというときのために暗記しておきましょう。

 

1.ポイント

●K>6mEq/L、心電図変化・筋脱力症状があるとき緊急性あり!

●バイタルチェック・心電図・ABGを行いながら高Kの原因検索
⇒多くは腎機能障害・代謝性アシドーシス・薬物のことが多い

●徐脈ショックの鑑別に高Kを忘れずに

2.疫学

●Kの値が5.5mEq/L以上の時に高Kと定義される。
K値が6mEq/Lを超えたら緊急対応を考慮すべし!

3.症状

①筋症状:筋力低下・悪心Guillain-Barré症候群様の進行性下肢麻痺

②心電図変化:テント状T波、QT短縮、RR延長、QRS幅拡大、P波消失、重症な場合→不整脈、サイン波パターン、PEA/VF/心停止

※心電図変化の度合いは、K値と相関しないので注意

③腎機能障害:腎臓のNH4⁺排泄低下→代謝性アシドーシス

4.原因

高K血症の原因引用:武藤重明.血清 K 値の異常をどう読むか.診断と治療2005;93:883-890

●中でも薬剤性と腎機能低下は多い

●まずは偽性高K血症を疑うべし

5.診断の補足

●偽性高K血症に注意!

 

•アシドーシスと高K血症の相関について

6.治療方針・治療の流れ

●高Kを疑ったら重症度判定が必須
バイタル⇒心電図⇒ABGで代謝性アシドーシスの有無を迅速に調べる!
同時進行で腎機能障害と内服薬をチェック

【具体的な治療の流れ】
Ⅰ.初期治療:①+②を速やかに行いつつ③をオーダー
     ここまでで下がれば、その後は⑥に移行
Ⅱ.次の治療:1)で下がらない場合④→⑤を投与検討
Ⅲ.重症不整脈の合併例/治療難渋例
  ⑥を緊急的に検討(ブラッドアクセスの準備!)

①薬剤:グルコン酸Ca

投与方法:カルチコール®20ml(2A)を3-4分かけて静注。10-20分ごとに2-3回繰り返し可能

効果発現:すぐに発現
持続時間:30-60分
メカニズム:心筋膜電位を安定化して不整脈予防
注意事項:ジギタリス中毒による高K血症の場合はジギタリス中毒が増悪 (ジギタリス中毒時→カルチコール®10mlと生食100mlを30分以上かけて投与)

②薬剤:サルブタモール

投与方法:ベネトリン®10-20㎎を生食5-10mlに溶かし吸入20-30分に1回反復

効果発現:15-30分後
持続時間:2時間程度
メカニズム:Kの細胞内シフト
注意事項:頻脈などのβ1刺激による副作用に注意

③薬剤:GI療法

投与方法①:ヒューマリンR®5単位+50%ブドウ糖50mlを緩徐に静注。必要に応じ反復。
投与方法②:50%ブドウ糖40mL+速効型インスリン8U(リスクが高い場合には4U)

効果発現:15-30分
作用時間:2-6時間
メカニズム:Kの細胞内シフト
注意事項:低血糖に注意。1時間毎にKフォロー。
薬剤:フロセミド
投与方法:20-40㎎を静注。K値と血糖をみながら繰り返す。
効果発現:15分-1時間
作用時間:4時間
メカニズム:腎からのK排泄促進
注意事項:腎機能が悪いと効果が薄い

④薬剤:NaHCO3

投与方法:メイロン®8.5%(1mEq=1ml)50mEqを5分かけてゆっくり静注

効果発現:30-60分
持続時間:2-3時間
メカニズム:Kの細胞内シフト
注意事項:Na塩のため水分貯留に注意。pH<7.2で検討。

⑤方法:陽イオン交換樹脂

投与方法:ケイキサレート®or カリメート®50gを水30mlに溶かし経口投与or30-60gを微温湯200mlに溶かして注腸投与

効果発現:1-2時間(注腸の方が発現速い)
持続時間:4-6時間
メカニズム:NaとKを交換してKを体外に排泄
注意事項:大腸穿孔に注意

⑥方法:血液透析

メカニズム:Kを体外に排泄
以前から腎機能障害を指摘されている場合で尿が出ない、または代謝性アシドーシスを認める場合には、透析が必要
注意事項:準備に時間がかかる、患者負担大

7.参考文献

●Clinical Practice Guidelines for management of acute hyperkalemia in adults. UK Renal association:2014.
●J ClinInvest. 1952 Aug;31(8):798-805.
●Long B, et al. J Emerg Med. 2018;55:192-205.
●Am J KidneyDis. 1993 Sep;22(3):436-44.
●Pepin J, et al. Emerg Med Pract. 2012;14:1-17.
●Kidney Int. 1984 Feb;25(2):357-61.
●Am J Med. 1981 Sep;71(3):456
武藤重明.血清 K 値の異常をどう読むか.診断と治療2005;93:883-890
●日腎会誌2008;50(2):84-90.
Approach to disorders of potassium metabolism
自治医科大学内科学講座腎臓内科学部門
カリウム代謝の考え方 武藤重明 草野英二
坂本壮. 救急外来ただいま診断中. 中外医学社:2015

 

 

この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

 

今後も定期的に記事を更新していきますので
LINE登録Twitterのフォローnoteの登録よろしくお願いいたします!

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!