医学ノート

【疾患】低カリウム血症のまとめ【随時更新中】


プロフィール
【医学ノート】をご覧いただく際の注意事項いつも当サイトをご覧いただき本当にありがとうございます。 当サイトの医学ノートの記事をご覧いただく際の注意事項についてです。 ...

今回は救急外来で出会うことの多い電解質異常のひとつ、低カリウム血症についてまとめました。

頻度が多いからこそ、常にリスク評価と原因検索を怠らず行いましょう。

 

低カリウム血症

 

 

1.ポイント

●低Kを見つけたら、まずバイタル・ECGをチェック!
⇒徐脈やQT延長は要注意。早急な補正を

●低Kの原因は病歴聴取で診断がつくことが多い(特に細胞内移動のパターン)

●呼吸筋疲労や呼吸不全の鑑別に低K血症を考慮すべし

●K補正は緊急度に合わせて補正方法を検討

2.疫学

●入院患者の21%、外来患者の2-3%でK≦3.5mEq/L 1)

3.症状

●一般的に2.5mEq/L未満で起きやすい

●筋症状(細胞の過分極を惹起):筋力低下、筋痙攣、呼吸筋障害による呼吸不全
※周期性四肢麻痺は運動や過食で引き起こされることが多い

●吐き気・嘔吐、イレウス

●心電図異常:U波、QT延長・T波の平坦化/陰転化
ST-T低下、異所性心室興奮(VT,VF, PVC)
QT延長や房室ブロックから徐脈傾向をしめし、致死的な不整脈へ
※心電図変化の度合いは、K値と相関しない

●腎機能異常:多尿症、腎症

●耐糖能異常:特にサイアザイド利尿薬関連糖尿病にて生じる

4.原因

●食事摂取量減少
経口摂取されている限り、臨床的に問題となるK低値をきたすことはまれ

●腎臓からの喪失
・皮質集合管へのNaの十分な流入
・管腔内の陰性荷電
・十分なアルドステロン濃度
これら全てが傷害されるとKが喪失する

●消化管からの喪失
K吸収不良や、下痢が多い

●細胞内への移動
インスリンや交感神経刺激
薬剤性が多い(利尿薬、抗精神病薬)

引用:日本心臓財団

5.除外診断・注意すべき合併症

●致死的な不整脈をきたす可能性があるので、ECGでリスク評価(経時的に何度も評価)

●肝硬変のケースでは低Kが肝性脳症を誘発しやすい
低KによるH+イオンの細胞内流入によりアルカローシスを起こし、NH4+→NH3の変換を増加させやすい。肝硬変患者の低Kも積極的に補正する。

①偽性低カリウム血症を見逃さない
白血病などによる、著明な白血球芽球の増加(WBC>2万/μL)の状態、室温で放置することにより、細胞のK取り込みが起こるとされる

②低Mg血症を見逃さない
低K血症の40-60%は、低Mg血症を合併。低Mg血症を補正しないと、低K血症が治療抵抗性となり得る。血清Mg濃度は必ずしも体内の血中濃度を反映しない→高Mgでなければ補充を検討。

Mgの補充方法
・緊急時→マグネゾール®(1A中にMg=16.2mEq, 硫酸Mg=2g) 0.5A-1Aを2-15分で投与
・循環動態が安定→ マグネゾール®1Aを5%ブドウ糖液100mlに溶かして30-60分で滴下
・低緊急時→ 経口補充or硫酸Mg4-8gを12-24時間かけて投与できればよい
注:腎機能障害がある人は高Mg血症の危険

6.治療

●リスク別に治療法は異なる。内服か静注か?補正する方法に注意

①心電図変化なし、かつK:2.5-3.5mEq/L
➡経口補充(経口補充が最も安全)
40-100mEq/dayを2-3回に分けて内服(但し下痢に注意)例:スローケー®(1錠8mEq)、塩化カリウム粉末(13.4mEq/g)など
※内服の注意点:グルコン酸カリウム®はHCO3⁻が含まれ、アルカレミアによるK低下を導きうるため、できるだけスローケー®(KCL)を使用する。

②心電図変化や筋症状あり原因除去困難、かつK:2.0-2.5mEq/L ➡末梢静脈補充
輸液濃度は40mEq/Lまで(静脈炎を起こすため)輸液速度は20mEq/hrまで
例:生食500mL+KCl 20mEqを1時間以上かけて投与

③上記②の投与速度では補正が間に合わないとき
➡中心静脈補充
輸液濃度は100-200mEq/Lまで、輸液速度は20mEq/hrまで
例:20mEq/100mLのKCl溶液を1時間かけて投与(但しICUや集中治療時に限る)

※点滴の注意点:点滴のK溶液は、Kの細胞内シフトを防ぐ意味で糖を含めないMg値が正常であっても、②・③ではMgも同時に補充する

※2-4時間毎にK濃度をチェック
K補正時は、治療効果が予測できないため、明確な治療効果が得られるまでは2-4時間毎に頻回フォロー。

安定的にK>3.0-3.5 mEq/Lを維持し、低K血症の症状が改善するまでは、K値をモニターすべき。

●心機能低下しているケースでは、低Kを積極的に補正
血清K値が低いほど心筋の興奮性は高まり、不整脈の危険性が高い。

心血管系疾患の既往のある患者やリスクのある患者は、K >4.0 mEq/L,Mg >2.0 mg/dLを維持する目的で補正する。

 

9.引用、参考文献

重症患者管理マニュアル

日本医事新報社『低K血症』

Arch Intern Med. 1990 Mar;150(3):613-7.
Am FamPhysician. 2015 Sep15;92(6):487-495.
Circulation. 2010 Nov 2;122(18 Suppl3):S729-67.

 

この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

 

今後も定期的に記事を更新していきますので
LINE登録Twitterのフォローnoteの登録よろしくお願いいたします!

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!