医学書レビュー

【レビュー】「型」が身につくカルテの書き方 【医学生・研修医は必ず一度は読むべき一冊です】


 

●S欄とO欄、どちらに書けばいいのかが決まってない。。
●O欄は検査結果のコピーしかない。。
●A欄は指導医の意見を転記しているだけ。。

あなたはいわゆるこんな、ダメカルテを記載してしまってはいませんか??

ER・ICUでの業務の合間に後輩たちからよく聞くのは、

「どうすればわかりやすいカルテが書けますか…?」

「先生のそのカルテの書き方は、誰かに教えてもらったんですか…?」

という、カルテの記載方法についての質問です。

改めてどのようにカルテを書いているか説明するのはなかなか難しく、

うーん…と質問の返答に困ってしまうこともしばしば。

初期研修医の子たちにについてもっとわかりやすく、そしてクリアに教えてあげられるようになりたいなあ…

そんな時参考にするのがこちらの一冊です。

今回カルテ記載を初歩から学ぶ上で読むべき一冊として自分が自信をもっておすすめするのがこちらです👇

 

これからご覧いただく医学書レビューは、

これまで研修医時代に100冊以上の医学書を読み

その中でもオススメの医学書のレビューを月5冊以上書いている

ある救急科専攻医のレビューです。

医学生や研修医、各分野の初学者の気持ちが痛いほどわかるので、

是非この一冊を手に取ってみたいと思っていただけるようなレビューを心がけています!

 

 

1.本書のターゲット層と読了時間

 

ターゲット層は、

医学生から初期研修医(特に1年目)

推定読了期間

4-5時間程度

です。

2.本書の特徴

本書は、カルテ記載のスペシャリストである内科医の佐藤健太先生が、

●「型」に沿って記載するだけで診療効率&診断推論能力がアップする、
 「週刊医学界新聞」の人気連載の書籍化!
●カルテ記載の「基本の型」と「応用の型」を両方学ぶことで、より臨床で生きる実践的なカルテの書き方を学んでほしい!
「型ができていない者が芝居をすると型なしになる。型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる」
との思いを込めて制作した一冊です。
この本を読み終えた時には、SOAPを中心とした
今後何科に進んでも大事な基礎となるカルテ記載について学ぶべき重要事項を学習している事でしょう。

3.個人的総評

【評価】
必要性:
本の薄さ:
わかりやすさ:
面白さ:
継続使用度:
オススメ度:
※Amazon評価:

今回の総評について特筆すべきは、読み切りやすい本の薄さ高い必要性です!

カルテ記載は我流になりやすいからこそ、医学生や研修医時代に基本の型を学んでおくのは本当に大切だと思います。

「基本の型」の部では、SOAP形式や問題リストなどのカルテ記載法のエッセンスを習得することができ、合わせて医師らしい思考過程を身につけることが出来ると思います。

また、重要なのはどんな場面でも実践することが出来る「応用の型」の部であり、外来・救急などセッティング別のカルテ記載法を習得することが出来ます。

また、各章に散りばめられたcolumnは普段の疑問や悩みを解決してくれるような面白い内容ばかりで(例えばプロブレムリストは、#なのか♯なのか問題など…笑)、すらすらと読み進めることが出来ます。

4.おすすめの使い方・読み進め方

●これまでカルテ記載について悩んでいたことを思い出しながらまず通読!

●その後はカルテ記載をしながら適宜読み直して復習!

個人的におすすめの使い方をご紹介します!

著者個人の意見としては

本書を読んだ後のカルテ記載は、体系的にまとまったカルテの作成を意識できるので、医学生や初期研修医など早い段階での通読をおすすめします。

そのあとは実際の症例を通じてインプットとアウトプットをたくさん経験していきましょう。

5.まとめ

本書はカルテ記載を学ぶ初学者にとって必須の参考書の一つである!  
以下に要点や基本事項をまとめましたので、
購入する際には参考にしてください。

【基本情報】
タイトル:「型」が身につくカルテの書き方
著者:佐藤 健太
出版社:医学書院
発行年月日:2015/4/9

ターゲット層は、

医学生から後期研修医

推定読了期間

4-5時間程度

【評価】
必要性:
本の薄さ:
わかりやすさ:
面白さ:
継続使用度:
オススメ度:
※Amazon評価:
この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

 

今後も定期的に記事を更新していきますので

 

LINE登録Twitterのフォローnoteの登録よろしくお願いいたします!
みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!