医学ノート

【疑問】ガイドラインより学ぶ高血圧性脳出血の手術適応とは?


【疑問】

プロフィール
【医学ノート】をご覧いただく際の注意事項いつも当サイトをご覧いただき本当にありがとうございます。 当サイトの医学ノートの記事をご覧いただく際の注意事項についてです。 ...

今回は、臨床や医学の勉強をしていて感じる疑問の一つ、

高血圧性脳内出血の外科治療の適応

についてまとめました。

脳出血の初期診療をしていて、手術適応になるのかそれとも保存的治療になるのかについて疑問を持つことはありませんか?

今回は脳卒中ガイドラインを用いてその手術適応について改めて学んでみました。

脳外科の先生方と治療方針についてコンサルトさせていただく際に、共通言語となる概念や考え方を簡単にまとめましたので参考にしていただけると幸いです。

以下の内容はあくまでもガイドライン上の一般的な内容なので、各施設の設備や脳外科の方針があるとは思いますので、その前提で参考にしていただけたらと思います!

脳出血の初期診療について興味がある方は是非以下をチェックしてみてください👇

【レビュー】『ただいま救急外来診断中!』【救急科の勉強はまずはこの一冊からスタートしましょう】救急外来で何をしていいかわからず、棒立ちになってしまった経験はありませんか…? 救急外来の基本について何もわからない初期研修医の救急科の初学書として強くお勧めするのがこの一冊。是非手に取って勉強し、自ら行動できる立派な医師となってください。...

 

1.高血圧性脳出血とは?

そもそもの高血圧性脳出血について少しまとめてみたいと思います。

まず脳出血全体についてですが、脳出血はは脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)の約20%を占めるといわれています。

平均年齢は70歳といわれています。

日本脳卒中データバンク報告書 2018 年引用

 

なかでも、脳出血の原因の60%を高血圧症が占めます。

高血圧性脳出血の発症部位

被殻出血(60%) 視床出血(15%) 小脳出血(10%) 皮質下出血(10%) 脳幹(5%)

※部位に応じて治療適応は異なる

発症部位によって治療適応が異なるので、CTによる画像診断で確実に出血部位を同定することが大切です。

出血部位による適応に興味がある方以下を参照ください👇

【疑問】脳内出血部位による外科治療の適応の違いは?脳出血の初期診療をしていて、手術適応になるのかそれとも保存的治療になるのかについて疑問を持つことはありませんか? 今回は脳卒中ガイドラインを用いてその手術適応について改めて学んでみました。 中でも、出血部位による適応を中心にそれぞれまとめております。 脳外科の先生方と治療方針についてコンサルトさせていただく際に、共通言語となる概念や考え方を簡単にまとめましたので参考にしていただけると幸いです。...

2.手術適応のない脳出血のまとめ

基本的に高血圧性脳出血において手術適応のない条件をまとめました

脳出血の部位に関係なく、

血腫量10ml未満の小出血または神経学的所見が軽度な症例は手術を行わないよう勧められている。

また、意識レベルが深昏睡(Japan Coma Scale : JCS 300)の症例に対する血腫除去は科学的根拠がない(グレードC2)

とても簡単に言うと、軽微な出血による軽度の脳出血、

および意識障害が重度の場合といった重症の脳出血は適応外ということ。

軽症すぎても、重症すぎても適応とはならないのですね。

3.血腫量の推定

このガイドライン上の文章でも登場する血腫量について推定する方法は以下の通りです。

赤字の式を覚えておくと、脳外科の先生にコンサルとさせていただくときにスムーズですね!

しかし球の体積の計算がこんなところで役に立つとは…小学生以来かな懐かしい…笑

4.引用文献

脳卒中治療ガイドライン 2015[追補2017]

日本脳卒中データバンク報告書 2018 年

脳出血の初期診療について興味がある方は是非以下をチェックしてみてください👇

【レビュー】『ただいま救急外来診断中!』【救急科の勉強はまずはこの一冊からスタートしましょう】救急外来で何をしていいかわからず、棒立ちになってしまった経験はありませんか…? 救急外来の基本について何もわからない初期研修医の救急科の初学書として強くお勧めするのがこの一冊。是非手に取って勉強し、自ら行動できる立派な医師となってください。...

 

この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

 

今後も定期的に記事を更新していきますので
LINE登録Twitterのフォローnoteの登録よろしくお願いいたします!

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!