医学ノート

【疑問】レジオネラ肺炎はなぜ比較的徐脈なのか?


【疑問】

プロフィール
【医学ノート】をご覧いただく際の注意事項いつも当サイトをご覧いただき本当にありがとうございます。 当サイトの医学ノートの記事をご覧いただく際の注意事項についてです。 ...

今回は、臨床や医学の勉強をしていて感じる疑問の一つ、

レジオネラ肺炎はなぜ比較的徐脈なのか?

についてまとめました。

USMLEを思い出すような病態生理の勉強を久々にして面白かったので紹介させていただきます。

感染症の鑑別の際にも重要となる特徴の一つですので、比較的徐脈についても少しだけ書きました!

1.そもそも比較的徐脈とは?

比較的徐脈:発熱のわりに脈が頻脈とならないこと1)

38.3度以上の発熱があるにもかかわらずこの法則通りの心拍数の上昇がみられない状態を「Faget徴候」または「比較的徐脈」という。比較的徐脈は38.9度を超える体温のときには優位な所見と考えれらており、病歴や身体診察、臨床検査データと合わせて用いられる。

臨床において、比較的徐脈を簡単に注意できるゴロと、よく出会う疾患については以下のまとめを参考にしてみてください👇

「39度では110番」
39度以上で110bpm以下であれば徐脈性不整脈
・レジオネラ
・非定型肺炎
・薬剤熱
・他(腸チフス・デング・レフトスピラ)

また、これまで教科書的には非定型性肺炎の特徴の一つとして比較的徐脈があげられていましたが、非定型肺炎の近年ガイドラインからは削除されています。

「比較的徐脈がみられる」の項目は、レジオネラ肺炎やオウム病では感度が高いが、他の非定型肺炎では低いのです。

2.レジオネラ肺炎はなぜ比較的徐脈なのか?

ではここからが今回の記事の本題となります。

今回調べて出てきたのは仮説の一つではありますが、USMLEを思い出すような病態生理の勉強を久々にして面白かったので紹介させていただきます。

最近の知見では、炎症に伴う頻脈の病態生理としてLPS(lipopolysaccharide)刺激に伴って産生さ れるthromboxane A2及びprostaglandin F2 α によることが証明されてきている。

多くの細菌の LPSToll-like receptor 4に結合することが知られているものの、レジオネラのLPSToll-like receptor 2に結合することから、LPSによる刺激後の経路が異なることが仮説として考えられる。

第114回日本内科学会講演会 超世代の内科学―GeneralityとSpecialtyの先へ―

 

3.参考ページ・医学ノート

【疾患】レジオネラ症【随時更新中】今回は肺炎のなかでも重唱することが多く常に原因微生物として念頭に置くべきレジオネラについてまとめました。肺炎の中でも肺外症状をきたすことが多いので、特徴的な症状についてはしっかりと把握しておきましょう。...
【疾患】マイコプラズマ肺炎のまとめ【適宜更新中】重症化、難治性のマイコプラズマ肺炎を意識できていますか? 今回は、市中肺炎の中でも出会う頻度の高い、マイコプラズマ肺炎についてまとめました。予後が比較的良い疾患であるだけに、合併症や重症化には注意が必要です。...

4.引用文献

1)The Clinical Significance of Relative Bradycardia.
Ye F, Hatahet M, Youniss MA, Toklu HZ, Mazza JJ, Yale S.
WMJ. 2018 Jun;117(2):73-78.

2)非定型肺炎のガイドライン

3)第114回日本内科学会講演会 超世代の内科学―GeneralityとSpecialtyの先へ―

この記事を読んで参考になった方、面白いと思ってくださった方は

 

今後も定期的に記事を更新していきますので
LINE登録Twitterのフォローnoteの登録よろしくお願いいたします!

みなさまのリアクションが今後の記事を書くモチベーションになります!